狭山茶 西沢園

美味しいお茶の淹れ方

狭山茶でおもてなし

お茶の淹れ方4つのポイント

  • 茶葉の量
  • お湯の量
  • お湯の温度
  • 浸出時間

一、 湯冷ましをする

湯の計量と湯冷ましを兼ねて、茶碗の8分目まで湯注ぎます。
茶葉が水分を吸収しますので、出来上がりは7分目位になります。湯は茶碗に移すことで約10°C温度が下がります。上級の煎茶は70°C が適温なので、湯温が下がるまで待ちましょう。

適正湯温と味の特徴(画像が表示されます)

ワンポイントアドバイス お湯は必ず一度沸騰させましょう!また、沸騰し始めたら、ヤカン(ポット)の蓋を外して、5分程度沸騰状態を続けるとカルキ臭が抜けます!

二、 急須に茶葉をいれる

茶葉の量は1人につき2〜3gが目安となります。但し、1人分のみ淹れる場合は、多めに5g入れましょう。ティースプーン山盛り1杯は約3gです。

(例)
1人分...5g 2人分...6g
3人分...7g 4人分...8g

三、 浸出する

冷ました湯を急須に入れます。西沢園のお茶は深蒸し煎茶なので浸出時間は30秒〜40秒です。浸出時間が長いほど濃厚な味となります。浸出中は急須を揺らさないことが大切。揺らすと渋みや雑味まで出てしまいます。

ワンポイントアドバイス 既に茶葉がひらいている状態なので、2煎目以降は浸出時間を半分の15秒程度にしましょう!

四、 廻し注ぎで注ぎわける

茶碗に注ぎわけるときは、各茶碗の煎液の濃さと湯茶の量が同じになるように淹れることが大切です。そのために各茶碗に少しずつ注ぎわける“廻し注ぎ”という方法で淹れます。茶碗3客の場合、1−2−3と注いだら3−2−1と戻り、これを繰り返して注ぎ切ります。急須に湯が残っていると2煎目を淹れるまでに浸出してしまうので「最後の1滴」まで注ぎましょう。

メッセージ

急須でお茶を淹れることは、少し手間はかかりますが、とても楽しいものだと私は思います!お料理するのと似ていて、茶葉(食材)が同じでも淹れ方(調理法)によって味や香り、浸出される健康成分が大きく変わります。仕事中に眠気を覚ましたいとき、食事時、御来客をおもてなししたいとき...など、様々なシチュエーションで淹れ方を工夫して、自己流の美味しい淹れ方を探してみるものいいですね。西沢園には日本茶インストラクターやお茶の食育指導士がいますので、お茶のことは何でもお問い合わせください。