狭山茶 西沢園

コラム

裾刈り作業をしました

2017/10/07

sdr

裾刈り作業をしました

dav

秋の整枝作業の前に茶の樹の裾を刈落としました。

茶畑がかまぼこ型になっているのはこの作業のおかげです。

裾部の無駄な枝を刈り落とすことで、養水分を有効に利用させる効果を狙います。
また、裾部の枝は、施肥の際に株元に行き渡らない、畦間を歩きにくいなど管理作業上邪魔になります。
これは、作業の能率が悪くなり精度を低下させる原因となっています。これらを解消する目的だけでも、裾部刈り落としは有効です。

 

夏の生育で生い茂った茶畑を・・・

dav

性格がでるといわれているこの作業。
親父の出来はどうでしょうか。真っ直ぐ刈れていますかね?(笑)

dav