狭山茶 西沢園

コラム

ナギナタガヤの力

2017/10/07

dav

ナギナタガヤの力

dav

ナギナタガヤの種を茶畑の周りにまきました。

ナギナタガヤは、秋に芽を出して冬から春にかけて育つイネ科の草です。草丈は最大70cmほどになりますが、6月上旬に自然に倒れ、中旬には枯れはじめます。倒れて敷きワラ状態になったナギナタガヤは地表を覆い、あとから雑草が生えないようにします。

西沢園が茶畑の周りにナギナタガヤの種をまく理由は、雑草除けだけでなく、天敵(悪い虫をやっつける虫)を増やし、害虫を減らすことにあります。

ナギナタガヤを植えると、テントウムシがたくさん集まってきます。そのテントウムシが害虫を捕食し茶畑を守ってくれるわけです。

減農薬栽培を目指して、工夫しています!

dav